Darth Vader。 

170414_3.jpg

先日、秋葉原のヨドバシカメラに足を運んだ際に撮った画像です。
レイアウトがすごい!と思わずiPhoneのカメラを構えてしまいました。
一眼持って行けばよかった。

ローグワンは観ましたが、まだエピソード3を観てないという状況です。

Bogner Pedals Lyndhurst。 

170409_1.jpg

Bogner Pedalsから待望のコンプレッサーLyndhurstです。
Harlowはコンプレッションを加えつつもブースター的なペダルでしたが、このLyndhurstはBogner Pedals初の完全なコンプレッサーです。

コントロールとしては、INP/COMPでインプットレベルを変更してLyndhurstのコンプレッサーへの入力レベルを調整します。最終的な出力レベルは左側のLevelノブで行いますので、INP/COMPノブはRatioノブと組み合わせて好みのコンプレッションを得るのに用いる感じです。

Ratioは、ラックコンプだと当たり前にあるコントローラーですので馴染みのある方も多いと思います。どのくらい潰すか、という感じのノブですね。自動でADSRを設定してくれるAutoミニスイッチがあるのも便利ですね。

画像だとちょっと見にくいですが、3ポジションのEQノブがあるのも実戦的な作りです。クリーンでキラッとさせるのにももちろん、ソロを取るときに丸くさせたい、なんていうときにもLyndhurst一台で対応可能です。

中は開けてみなかったのですが、VCAコンプらしく、サウンドはクリア。INP/COMPノブとRatioノブの組み合わせで得られるサウンドの幅が広く、EQも組み合わせると、ギタリストにとっては大体どんな使い方にも対応できるのではないか?と思うほどです。

Bogner Pedalsに共通することですが、Neveのトランスを搭載していることで他のペダルではなかなか感じることのできないシルキーな質感が唯一無二の魅力だと思います。通したときに安っぽくならないというのはコンプにとって一番大事なことだと思います。

オーバードライブやブースターとしては、Nobels ODR1のほかに、Suhr Shiba Drive Reloadedを最近好んで使用しているのですが、このBogner Pedalsは欲しい。と思います。ドライブ系は、Ecstasy Red/Blueと重なる部分もあり、アンプ的な音作りを担うことのできるそちらに目を向ける方が多かったのではないかと思いますが、このLyndhurstはBogner Pedalsのこれまでの流れとはまた違ったペダルに仕上がっていると思います。

一度試す価値のあるペダルだと思います。



AFURI。 

170410_2.jpg

blogの更新が滞ると、生存確認のご連絡をたくさん頂きます。
ありがとうございます。なんとか生きております。

AFURIのカップラーメンなんてあったんですね。

170410_3.jpg

AFURIというと恵比寿のラーメン屋さんとしては有名ですよね。
Liquidroomに足を運ぶ際なんかにたまに立ち寄ります。



API500。 

170330_3.jpg

そういえば過去の記事を消したんでした。
meris Mercury7の記事に書いていた、API500シリーズのプリアンプ440はこれです。Pete Thornさんの動画にもたびたび映っていますのでご存知の方も多いと思います。

API500は、文字通りミキシングコンソールで知られる名門APIが作った、小型のモジュールを挿す規格です。その後、VPRアライアンスなどと名前を変えて、Neveなど他社もこの規格のモジュールに参入しています。

170330_4.jpg

ギタリストに分かりやすく説明すれば、超小型のラックシステムのようなものです。
画像はAPI Lunchboxです。6つのモジュールを挿入できるフレームです。定番ですよね。

エフェクターに相当する各モジュールには、ファミコンのカセットのような端子が付いており、ラックケースに相当するフレームには端子の受け口があるので、そこにモジュールを差し込むことによって小難しい配線を必要とせずシステム化することができます。

フレームについて重要なのは、このModel 6Bと書かれた部分で、ここには電源ユニットが内蔵されています。ラックシステムの構築においても、電源をどうするか?というのはとても重要だったように、API500のフレームを選ぶ際にもこの電源部分が選択のポイントだと思います。

あとは、フレームによってはUSBケーブルでPCと接続できるようにデザインされているものなどもあります。どちらかというと、小規模なホームスタジオなどに向けて作られた規格なのですが、最近ではEVENTIDEがAPI500シリーズ向けにディレイをリリースしていたりします。

API500は、ギタリストがそのままライブなどで使うには少し不向きなところもありますが、自宅でのレコーディングなどでは威力を発揮すると思います。ベーシストの方ではライブにAPI500のセットをお持ちになる方もいらっしゃるみたいですね。

実際、アコギの録りに使ったことがありますが、ミックスの時もマイクプリの中では低価格帯といえる製品ながら、何も問題ありませんでした。

440 Mic Preampの隣に挿入されているのは、今回Mercury7と共にペダル化される、ビットクラッシャーOttobitです。変態系なサウンドですが、僕は大変好きなエフェクターです。

Meris 440 Mic Preamp



書きもの。 

170330_2.jpg

楽器系とはまた違った、ちょっとした書きものの仕事を頂いていて、バタバタした3月です。
ドラクエXもこのところ全然ログインできていません。XIもそろそろ発売日決まるんでしたっけ。

HORIZON ZERO DAWNプレイしたいです。