Live行きたかった。 

IMG_8229.jpg

日曜日は、とあるLiveにお誘い頂いていたのですが、外せない勉強会があり泣く泣く欠席。。
終わった後テラスで1杯。

背景でどの辺か分かりそうですね笑。

IMG_8230.jpg

生ハムとか。

ベルギービールが売りのお店なのですが、あまりベルギーぽくないホップ系を頂きました。
って、本当に1杯で帰りました。

Smart Keyboard。 

170706_1.jpg

お伺いした先で、iPad Pro 9.7inchとSmart Keyboardを触らせて頂いてしまいました。
やはりApple Storeなどで軽く触るより、短時間であれツールとしてきちんと触ると大分フィーリングが違いますね。

9.7inchのモデルではJIS配列ではなくUSキーのみだと思いますが、個人的にはUSキーの方が触り慣れているくらいなのでちょうどいい感じです。

iPad Pro 10.5inchの購入時、普段と同じApple Wireless Keyboardを使った方が違和感もないだろうしとか言って一旦Smart Keyboardはスルーしてみたのですが、実際に使ってみるとApple製ということもあってかキーピッチ含めて違和感はなかったです。

多くの文字を入力する場合でも、タッチの違いよりも変換システムの違いの方が気になるんじゃないかな、というくらいです。

一緒に触らせて頂いたApple Pencilも魅力的でした。
絵描きをしている知人曰く、ちゃんとしたペンタブより安いし割と使える、との評判ですが、絵描きでもない僕にとっては単純に面白そうなアイテムとして、なのですが。

キーボード。 

170621_1.jpg

昨日のiPad Proの記事を読んで下さったSEの方から、キーボードってそんなに壊れるんですかとメールを頂きました笑。と、最近記事を書くとメールを頂くことの方が多くてなかなか皆さんにお伝えできてない言葉をここで書かせて頂きます。いつも読んで下さっていてありがとうございます。

さて話を戻すと、もちろん動作しなくなるとかそういったことはなく、大体パンタグラフが調子悪くなる感じです。わざわざ直しても、違和感が取れないことが多いんですよね。コンパクトですし打鍵感も気に入っているのですが、個人的な印象としてはやはりちょっと脆い、と感じています。

なんて悩んでいると、Macユーザーのミュージシャンなどの知人が、Mac買った時についてきたやつ使ってないからあげる、なんて運びで頂けたりして、ありがたく使わせて頂いています。

SEの方にオススメ頂いたのがHHKB Bluetoothモデル。

HHKBは、僕もエントリーモデルながら所有していますが、Bluetoothのモデルなんて出ていたんですね。ちょっと気になっています。HHKBの打鍵感は大好きなのですが、1つ常用を控えてしまう理由が、音が大きいことです笑。小気味のいいサウンドだとは思うのですが。。Bluetoothモデルは音も含めて一度試してみたいところです。

iPad Pro Smart Keyboardは打鍵感を引き換えにして静粛性はかなり高いように感じました。

キーボードはインターフェースとして、使用にストレスが無いようにしたいので、もうちょっと悩んでみます。。

Happy Hack Keyboard Bluetooth Model


iPad Pro。 

170620_1.jpg

なんだか久しぶりに触ってみて楽しかったので入手してみました。
iPad Pro 10.5inchです。

iOSで初めてフォルダによるファイル管理が公式で可能になる「Files」などが実装されるiOS11がまだリリースされていないので、iPad Proのその本領はまだ分かりません。まだ待ってもいいと思っていたのですが、Apple Storeや家電量販店でどんなもんかと触ってみると、さすがにiPad2との隔世の感は否めず、我慢できずに手を出してしまった次第です。

iPadやiPhoneに大きなストレージは要らない、と思っているので、ストレージは64GBモデル。
カラーはスペースグレイもいいかなと思ったのですが、Apple Storeで在庫を聞いたらなかったので、これも運命か、と思ってホワイトに。Proという位置付けがオリジナルのブラック人気の理由なんでしょうか。家電量販店でも在庫を聞きましたが、ローズゴールドのみ在庫があるそうでした。

そんなに在庫が枯渇するとも思えないので、気に入ったカラーがあるなら待つのがいいと思います。

人柱的に、追記にレビューを書いてみます。

続きを読む

Dr.Pepper。 

170616.jpg

Dr.Pepper大好きです。

そうそう、今号では僕は記事を書いていないのですが、シンコーミュージックさんからThe Effector Book Vol.38が発売されています。今号ではプレキシ系ペダル特集ということで、ご興味のある方はぜひ書店でお手に取ってみて下さい。