Meris Mercury7 Reverb。 

170325_1.jpg

meris Mercury7のデモ機を試す機会に恵まれて参りました。

merisはstrymonの創業者やLINE6のトップDSPデザイナーが立ち上げたブランドで、少し前まではAPI500シリーズでマイクプリなどを製作していました。blogでも、API500のマイクプリ440について書いたことがありましたので、覚えている方もいらっしゃると思います。そして、満を持してリリースされたペダルタイプのリヴァーブがこのMercury7です。

既にリリースされているAPI500規格のMercury7をペダルに落とし込んだデザインです。デジタルエフェクターながら、搭載されているアルゴリズムはプレートリヴァーブであるUltraplateと、より深いCathedoraのみとシンプルで、基本的な操作は本体のノブで簡単に行うことができます。

リヴァーブといえば、ハイカットやローカットが重要な要素ですが、本機ではHi, Lo Frequencyノブで高域と低域の周波数特性をコントロールすることができるので、難しく考えずに感覚的にサウンドを探ることができるのがとてもナイスだと思います。

特徴的なのはPITCH VECTORノブで、ReverbとPitchエフェクトを組み合わせたサウンドを得ることが可能です。PitchとReverbというと、多くの方がShimmer的なサウンドを思い浮かべると思います。Shimmerは、昔から高級機といわれるようなエフェクターには搭載されている、やたら豪華なReverbで、使いどころがよく分からない、といった声もよく聞かれるところです。

Mercury7のPitchは、ピッチシフトの加減もオクターブダウンや5度など選択可能なほか、ピッチエフェクトのミックス量がReverb自体とは別に設定できますので、欲しいサウンドの雰囲気に合わせた幅広い倍音を形作ることが可能です。それにより、いわゆるShimmerにありがちな「やりすぎ感」を押さえた音作りが簡単にできるようになっています。例えば、ペダルのChorusなどと合わせても奥行きのあるサウンドが得られたりします。

Mercury7といえば、ご存知のようにアメリカの有人宇宙飛行「マーキュリー計画」でNASAにより選ばれた7人の宇宙飛行士を指す通り、もちろん「やりすぎ感」を強調した宇宙的な響きを得ることももちろん可能です。

そういった複雑な設定を可能にしているのが本体の左側のフットスイッチ上部に配置されたALTミニスイッチで、これを押しながらノブを操作すると、それぞれのノブに割り当てられた「もう1つのパラメータ」を操作できるようになっています。この辺りもStrymonのペダルの操作感と似ているかもしれません。

珍しい仕様なのは、エクスプレッションペダルを接続するTRS端子がMIDI端子としても利用可能であり、4つのプリセットを外部から切り替えることができます。MIDI機能付きのスイッチャーと組み合わせても面白いと思います。

デジタルエフェクターも、古いサウンドを再現しました、といったものばかりで面白みが少ない中、新しいサウンドに挑戦している本機のようなエフェクターの登場は、とても嬉しいところです。

Mercury7の国内のリリースはもう少し先になると思いますが、今後も要チェックなメーカーです。

meris mercury7 reverb pedal

Musette Japan






チェック。 

170322_1.jpg

Fractal Audio Systems Axe-Fxを用いたライブでのギターシステムについてご相談を受けたりしている、LACCO TOWERさんがミニアルバム「薔薇色ノ怪人」をリリースされたとのことで、いつも頂いているので頂く前にゲットしました。

このblogを読んで下さっている方も楽しめるギター的要素もあるアルバムだと思います。





Axe-FxとMatrixのパワーアンプを組み合わせたようなシステムだと、トラブルフリーなのではないかと思われる方も多いと思いますが、意外にギタリストに合わせたプリセット管理法が必要な場合もあったりします。真空管アンプの場合、ある意味ちょっと壊れても音は出てしまいますが、デジタルの場合誤動作があると否応もなく音が出なくなりますので、きちんと考えておくことが大事です。

Elixir OPTIWEB張ってみる。 

170311.jpg

画像が暗すぎてすみません(笑)

予告通り、Elixir OptiwebをSuhr Modernに張ってみました。
Suhr Doug Aldrichを外して、EMG Xに換装してあるメタルなギターです。

若干テンション硬めの弦でしょうか。フローティングしているフロイドローズの位置を少し直しました。といっても、普段D'addarioの弦を張っているので、Nanowebと比較してどうか、ということではないのですが。

薄くなったといってもコーティング弦であることは感じられると思いますが、それでも普段、普通の弦を使っているギタリストにも受け入れられやすいブライト感が得られるようになっていることは十分実感できると思います。

持っているギターの本数が増えるほど弦交換って面倒ですし、コーティング弦は本当に便利ですよね。Optiwebは一度試してみる価値のある弦だと思います。



Updating。 

170310_1.jpg

色々研究中です。

ROLIに分からないことがあって問い合わせたら10分で返信が来ました。
対応速度に驚きました。

とりあえずDashboardをインストールしてLogicと連携させてみるつもりです。




The EFFECTOR BOOK Vol.35。 

170309_1.jpg

3/11に発売になりますThe EFFECTOR BOOK Vol.35 (シンコー・ミュージックMOOK)で連載記事を書かせて頂きました。今回も関係者の皆様に感謝しております。

ダンブル系のドライブ特集ということで、アンプ自体にも触れながらペダルに迫る内容になっているようなので、マニアックな皆さんにはとても興味深い内容になっているのではないかと思います。

前号では、LogicProXやMainStageに触れて、PCとギターシステムの連携というちょっと小難しげなことを書かせて頂きましたが、今号では一歩戻って、初歩的なMIDIの使い方を具体的な機材を用いて解説しています。blogでも、本記事に関連して色々書けたらと思っておりますので、よかったら読んで頂ければ嬉しいです。