Fractal Audio Systems Axe-Fx III。 

Axe-Fx-III-1920-on-black.jpg
画像は公式サイトより引用

Fractal Audio System社がAxe-Fx IIIを発表しています。

Axe-Fx III

一見して、サイズが3Uになったのが印象的ですね。
1stモデルからIIになって奥行きが増して重量も増えたのは一定のユーザーにとってはインパクトがありましたので、このサイズ感がAxe-Fx IIIの評価の分かれ目になる、ということもありそうですね。もっともコンパクトなモデルとしてはフロアサイズのAX8がありますので、昔と比べるとさほど影響がないようにも思えます。

これまでも評価の高かったFASのアンプモデリングも刷新されるようです。Axe-Fx IIがリリースされた時も、ハードウェアの変更もあって前モデルと比べて解像度がぐっと上がったのがとても良かったので、期待が高まります。

III-rear-transparent.jpg

デジタル機材で極めて重要なのはIn/Outのアナログ部分ですが、Axe-Fx IIIではこの点もInput/Output共に4系統装備と強化されており、複数のエフェクトチェインを作れることによって例えば2本のギターを挿しっぱなしにしておく、なんてことも可能になりそうです。その他にもワイヤレスをラック内で接続していてもフロントパネルにギターを接続すると、フロントパネルの接続が優先されるような仕組みが採用されていたり、従来のモデルと比べるとさらに1台でギターシステムとして完成するデザインとなっているのが窺えます。CPUの性能はIIと比べても2倍以上とのことですので、そういった用途でも十分対応できそうです。

プリセット内で複数のエフェクトのOn/Offを制御するSceneやエフェクトブロックに2つのパラメータを持たせたX/Yスイッチングといった機能でこれまで迅速なパラメータ変更を可能にしてきたFASですが、さらにChannelsという、X/Yスイッチングを強化したような機能を搭載しています。プログラムチェンジを回避した音作りに役立ちそうです。

fc-series.jpg

また新たにFC6, FC12というフットコントローラーもリリースするようです。
MFCユーザーには待望のCLONEモードが実装されるようで、今までよりも簡単に2台目をステージ袖に置いてテックの方が操作することができるようになりそうです。

アメリカとカナダでは3月1日に2499. 99ドルで発売されるようですが、国内での発売も楽しみです。


Friedman New Pedal。 



Friedman DP-ODをはじめとした新ペダルについては、この動画がなかなか分かりやすいです。

アンプを持ち込めないような場合にはDP-ODは役に立ちそうですね。

シングルチャンネルのBE-ODはHR/HM系のサウンドがお好きな方にはかなり刺さるサウンドで、これまでに国内でも多くのギタリストが使用しているところです。チャンネルを切り替えることのできるDP-ODも注目度は高いと思います。

Friedmanでは、個人的にはDirty Shirleyが本当に好きです。

NAMM。 



NAMM、始まってますね。僕のところにも色々情報を頂いており感謝です。
最近はyoutubeやTwitterをはじめSNSでもリアルタイムで沢山情報が出てくるので嬉しいですね。

動画はBogner Mini Ecstasyの話題。
Suhr Riot Miniなんかもありますし、ミニサイズのペダルが増えるのはペダルボードを小型にしたいニーズに合致していますね。

Friedman Dual Push Button BE-ODも魅力的なドライブになりそうです。

引き続き気になったものは記事にしたいと思います。

新Bogner Ecstasy Red。 

Twitter(@BognerAmps)に、Bogner Ecstasy Redの新型の画像がアップロードされています。
LAの御仁から、小型のEcstasy Redがリリースされるかも、というお話は伺っていたのですが、ちゃんとフットスイッチもあるようですし楽しみです。

国内リリースの情報はLAの御仁のblogもチェックされると良いと思います。

FromLA

展示会とか。 

CESに続いてNAMMが控えていて、なかなか楽しみですね。

昨年AESで発表されたEVENTIDE H9000も続報が楽しみです。デジタルエフェクトについては、特に自宅でプレイされることが多いギタリストの方には最近はプラグインをお勧めすることもあったりしますが、やはり個人的にはハードウェアのエフェクトプロセッサというと心躍らされるものがあります。

昨年は、Suhr ACEやTwoNotes製品など、アンプとパソコンを繋ぐインターフェース的な製品に注目しましたが、今年もそういったところを注目したいと思っています。