Vertex Battery Power Supply。 

170615_1.jpg

Vertex Battery Power Supplyです。

FuzzやWahなど、パワーサプライから給電すると音色が変わってしまうエフェクターの場合、バッテリーを使いたいことってありますよね。ただ、エフェクターをボードに固定してしまうと裏蓋を外さないと電池交換ができなかったり、ケーブルの取り回しの観点から電池交換が難しくて悩む方も多いと思います。ピラニアを使ってボード上に9Vバッテリーを転がしていた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Vertexは、割と昔からバッテリーをケースに入れて、パワーサプライ的に使用してきたメーカーだと思いますが、これはさらに進化したモデルです。通常、ケースにバッテリーを内蔵する場合、DCケーブルかエフェクターのインプットを抜かないとボード内のエフェクターには常に給電されている状態となってしまうため、使用しない際はケーブルを抜くなどの対処を行う必要がありました。

170615_2.jpg

その点、本機はバッテリー内蔵パワーサプライでありながら、外部電源を用いる方式を取っており、DC9Vを接続すると内部のリレーが回路を接続してくれる仕組みになっています。そのため、ボードを使用しないときでもケーブルを抜いたりする必要がないわけですね。外部電源はリレーの開閉にのみ用いられるので、要求容量も100mAと大変小さくなっています。

ボード内のエフェクター全てをバッテリーから給電する場合は、リレー回路のためだけにDC9Vのパワーサプライを別に用意する必要が生じて冗長なようにも思えますが、FuzzやWah以外のエフェクター、例えばDelayやReverbに給電するために別にパワーサプライを用意している場合も多いでしょうから、そういった場合は大元のパワーサプライに電源が入れば自動的にBattery Power Supplyの給電も開始されるという仕組みになり、非常にシステマティックですよね。

バッテリーは、FuzzやWahだけでなく、特に歪み系のサウンドに大きく影響しますよね。
こだわりのプレイヤーにとっては注目のアイテムだと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4282-fbb74940