弦。 



「ソードオラトリア」とは関係ないプロジェクトですが、たとえばこんなことをしています。

以前、レコーディングについて敬愛する先生にお伺いした際にも、やはり生で録るのが大事であるとご教示頂きましたが、弦については特に、やはりデモ段階でのソフトウェアシンセの音と比べるとこうも違うものか、と改めて思います。弦のソフトウェアシンセの進化は眼を見張るものがありますが、揺れとか空気感とか同調性が違うんだろうなあとぼんやり思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4264-70adf7d2