Bogner Pedals Lyndhurst。 

170409_1.jpg

Bogner Pedalsから待望のコンプレッサーLyndhurstです。
Harlowはコンプレッションを加えつつもブースター的なペダルでしたが、このLyndhurstはBogner Pedals初の完全なコンプレッサーです。

コントロールとしては、INP/COMPでインプットレベルを変更してLyndhurstのコンプレッサーへの入力レベルを調整します。最終的な出力レベルは左側のLevelノブで行いますので、INP/COMPノブはRatioノブと組み合わせて好みのコンプレッションを得るのに用いる感じです。

Ratioは、ラックコンプだと当たり前にあるコントローラーですので馴染みのある方も多いと思います。どのくらい潰すか、という感じのノブですね。自動でADSRを設定してくれるAutoミニスイッチがあるのも便利ですね。

画像だとちょっと見にくいですが、3ポジションのEQノブがあるのも実戦的な作りです。クリーンでキラッとさせるのにももちろん、ソロを取るときに丸くさせたい、なんていうときにもLyndhurst一台で対応可能です。

中は開けてみなかったのですが、VCAコンプらしく、サウンドはクリア。INP/COMPノブとRatioノブの組み合わせで得られるサウンドの幅が広く、EQも組み合わせると、ギタリストにとっては大体どんな使い方にも対応できるのではないか?と思うほどです。

Bogner Pedalsに共通することですが、Neveのトランスを搭載していることで他のペダルではなかなか感じることのできないシルキーな質感が唯一無二の魅力だと思います。通したときに安っぽくならないというのはコンプにとって一番大事なことだと思います。

オーバードライブやブースターとしては、Nobels ODR1のほかに、Suhr Shiba Drive Reloadedを最近好んで使用しているのですが、このBogner Pedalsは欲しい。と思います。ドライブ系は、Ecstasy Red/Blueと重なる部分もあり、アンプ的な音作りを担うことのできるそちらに目を向ける方が多かったのではないかと思いますが、このLyndhurstはBogner Pedalsのこれまでの流れとはまた違ったペダルに仕上がっていると思います。

一度試す価値のあるペダルだと思います。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4260-a0437825