手法。 

あるアーティストの方から頂いたご相談が、もしかするとFractal Audio Systems Axe-Fx, Kemper Profiling Amp, Two Notes Torpedoといったモデリングシステムのどれを選択するかという点について参考になるのではないかと思い、ここに書くことにします。

ご相談内容としては、ライブで収録した音源に多少の手直しをしたいということで、ライブで使用したギターシステムをそのままKemper Profiling Ampでプロファイリングして行ってみたところ、あまりうまくいかないというものでした。

アンプやキャビネット, マイキング, HAの特性を取り込むプロファイリングの手法から考えると、ライブで使用したギターシステムがそのまま手元にあるなら、Kemperでプロファイリングすれば、ライブで収録されたサウンドと似たサウンドが得られて、手直しもうまくいきそうですが、そうではないというのです。

結論としては、Fractal Audio Systems Axe-Fx IIのアンプモデリングとTone Matchを使用した方が、遥かに簡単で違和感のないサウンドが得られたようです。

リアルのシステムが手元にあるのに、それをプロファイリングするよりも、デジタルのアンプエミュレーションの方が望ましい結果が得られたというのは、不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、それこそが面白いところで、最終的な部分ではユーザーと機材の相性や、結果にたどり着くまでのプロセスに要せる時間の違いが大切だったりするということですね。

たまたま、そのときはKemperでは望む結果が得られなかっただけで、それは優劣を決めるものではなくて、結果にたどり着くためのプロセスとしてたまたまAxe-Fxが楽だった、ということです。今回は選択肢としてTwo Notesは挙がりませんでしたが。。

手法に固執することなく、得られる結果に着目すべきなのかなと思います。

Kemperユーザーの方からは、「Axe-Fxの方がいいんでしょうか?」というご質問も頂きますが、そんなことはありません。Kemperの場合は、入念なプロファイリングを行うことでユーザーの望むものに近いサウンドを容易に得られるという利点があり、Axe-Fxに関しては徹底的なアンプのモデリングとエフェクト, スピーカーエミュレートの自由度という、それぞれの長所があります。

それぞれ手法は違えど、リアルのギターシステムの再現という目的においては一致しているところなんじゃないかなと思います。絶対的に優れたツールは存在しないというのがポイントなんじゃないかなと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4213-ebf47fa3