書いていて。 

161116 - 1

blogと違って、雑誌で書かせて頂く記事はある程度読んで頂いた方に有益になるようにと思いながら書いています。
なんていうとblogでは役に立たないことしか書かないのかと言われてしまいそうですが、結論のない断片的なことを書かせて頂くことにも多少の意味はあるのかなと考えています。

画像は、昔のものを探してみました。
Fractal Audio Systems FX8です。

最近は特にAX8のユーザーも増えてきて、FX8もMark IIにマイナーアップデートされました。とはいっても、ほとんどFX8は発売当初に完成形になっていて、若干ユーザーインターフェースの部分が修正されたのみかなという感じです。Axe-Fxをアンプと4cableMethodで組み合わせて使うユーザーもいる中、アンプと組み合わせて使うエフェクトシステムとして特化したFX8はそうしたユーザーにとって文句のない構成といえると思います。

個人的には、Axe-Fxで得られたユーザーからのフィードバックを元に開発された製品として最も完成度の高い製品だと思っています。アンプモデリングを前面に押し出したAxe-Fxのエフェクトの完成度を評価しながら、アンプはやはりリアルのアンプを使いたいという層に応えた製品なのですから。

アナログエフェクトとデジタルエフェクトが音という観点ではほとんど肉薄している現在、重要なのはアナログとデジタルの境界の部分ですが、FX8はプリエフェクトとポストエフェクトをそれぞれ機械的なスイッチングで切り離せるようにデザインすることで、アンプのナチュラルな使用感を残したまま、いつでもエフェクトを使用することができるというデザインがなされている点が大変素晴らしいです。アンプを持っていることを前提にしていることが日本ではニッチな存在にしてしまっているんでしょうか。

AX8のリリースは、LINE6 Helixも影響してのことなんじゃないかなと思うところですが、その陰に隠れてしまった感のあるFX8については改めて使ってみてほしいと思うところです。

FASの描くビジョンの先を見てみたいという思いで見守っています。

Fractal Audio Systems AX8

コメント

いつもブログの更新楽しみにしています。ギターシステムの記事またアップしてくださいw

さて、FX8非常に気になります。
AXE-FXは所有しており、話が早いと思いますが、AXE-FXはSCENCE機能を使わないと、音切れが個人的に気になる。

そういった点で真空管アンプのシステム(メイン)も捨てがたい。
しかし、ピッチ系のエフェクトを所有していません。
あるのは、FulltoneのラックコーラスとLINE6 ECHO PROのみ。H9やEcliseを組み込もうか思いましたが、一歩踏み出せない。

Fractal Audio Systems は他社製品との併用を嫌いますよね?現にAXE-FXを真空管アンプと4CMでつなぐと音質劣化が酷かったです。

FX8もお気に入りのエフェクター、オーバードライブと組み合わせて使いたいのですが、オススメではないのでしょうか?

コメントありがとうございます!

いつも読んで下さっていてありがとうございます。
ギターシステム構築についてもまた書いていきたいと思っています。

プログラムチェンジを使うとかなり短いとは思いますが音切れしますのでSCENEを使うのはとてもいいと思います。Fractal Audioもそれを推奨しているのかなと考えています。

FX8は、できればアンプとそれだけで使うのがいいと思います。

4CMで接続すると音質劣化が気になるということですと、FX8でも大丈夫か心配なところです。
正直、最近のエフェクターはアンプのSend/Returnに接続するときでも別途ミキサーを使用する必要はなくなってきていると思いますので、4CMの音質変化が気になるという場合、デジタル変換による音質変化が気になるのか、そもそもエフェクトループを使用した際の音が気になるのか、を改めて考えてみるといいと思います。

お返事ありがとうございます!
ピッチ系だとEventide Eclipseですかね〜昔の記事でもyouさんは不器用だけど…とか色々書いておられましたねw
一度所有したことがあるのですが、使い方が分からず手放しましたw

独特な冷たいサウンドはH9やPitch Factorでは得られないものがありますし、マルチエフェクターとして優れているので今でもEclipseは有用な機材だと個人的には考えています。

Eclipseならではのサウンドに注目されないのであればH9あたりはとても便利だと思います。
たしかにEclipseは若干使いにくいですね。H8000や9000はマルチエフェクターとして完成されていますし、ユーザーインターフェースも視覚的に使いやすいのですが。もっとも、H8000や9000をギターシステムに組み込むのはコストの面でもかなり大変だと思いますので、ちょっと現実的ではないですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4209-7e574d4d