じっくり。 

161126 - 1 (2)

時間をかけてじっくりと火を入れた鴨。
一口サイズにしてもらいましたが、逆にフォトジェニックなのではないかと。
次は前半のポーションを減らしてもらうことを考えながら頂きました。

専門料理にも掲載された前菜もとてもナイスでした。

Two Notes製品について早速メールを頂いております。
具体的な使用法についてもまた書いていけたらと思います。

手法。 

あるアーティストの方から頂いたご相談が、もしかするとFractal Audio Systems Axe-Fx, Kemper Profiling Amp, Two Notes Torpedoといったモデリングシステムのどれを選択するかという点について参考になるのではないかと思い、ここに書くことにします。

ご相談内容としては、ライブで収録した音源に多少の手直しをしたいということで、ライブで使用したギターシステムをそのままKemper Profiling Ampでプロファイリングして行ってみたところ、あまりうまくいかないというものでした。

アンプやキャビネット, マイキング, HAの特性を取り込むプロファイリングの手法から考えると、ライブで使用したギターシステムがそのまま手元にあるなら、Kemperでプロファイリングすれば、ライブで収録されたサウンドと似たサウンドが得られて、手直しもうまくいきそうですが、そうではないというのです。

結論としては、Fractal Audio Systems Axe-Fx IIのアンプモデリングとTone Matchを使用した方が、遥かに簡単で違和感のないサウンドが得られたようです。

リアルのシステムが手元にあるのに、それをプロファイリングするよりも、デジタルのアンプエミュレーションの方が望ましい結果が得られたというのは、不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、それこそが面白いところで、最終的な部分ではユーザーと機材の相性や、結果にたどり着くまでのプロセスに要せる時間の違いが大切だったりするということですね。

たまたま、そのときはKemperでは望む結果が得られなかっただけで、それは優劣を決めるものではなくて、結果にたどり着くためのプロセスとしてたまたまAxe-Fxが楽だった、ということです。今回は選択肢としてTwo Notesは挙がりませんでしたが。。

手法に固執することなく、得られる結果に着目すべきなのかなと思います。

Kemperユーザーの方からは、「Axe-Fxの方がいいんでしょうか?」というご質問も頂きますが、そんなことはありません。Kemperの場合は、入念なプロファイリングを行うことでユーザーの望むものに近いサウンドを容易に得られるという利点があり、Axe-Fxに関しては徹底的なアンプのモデリングとエフェクト, スピーカーエミュレートの自由度という、それぞれの長所があります。

それぞれ手法は違えど、リアルのギターシステムの再現という目的においては一致しているところなんじゃないかなと思います。絶対的に優れたツールは存在しないというのがポイントなんじゃないかなと思います。

Kemperも。 

161123 - 1

このblogを読んで下さっている方にご指摘を受けるように、Fractal Audio Systems Axe-Fx IIに比べると、どうしても触る機会の少ないKemper Profiling Ampですが、ちゃんと触る機会もあります。

エンジニアの方からKemperについてお話を伺うこともあったりしますが、きちんとした環境でかなり入念にプロファイリングをすることが大事だと皆さん仰るような気がします。実在のアンプ, キャビネット, マイキング, HAといったフィルターを全てデジタルで取り込むというのがKemperのプロファイリングですから、当然のことといえると思います。

その分、しっかりとプロファイリングされたサウンドは、そのプレイヤーにとって唯一無二の財産ともいえる存在になるわけですね。Baby Metalの神バンドさんがアメリカのTV番組でKemperを使っていたのを目にされた方も多いのではないでしょうか。

モデリングアンプをライブで使用することについては議論を呼ぶところではありますが、プレイヤー目線で便利なのは間違いないと思います。利便性と音やフィーリングといったせめぎ合いの中で、悩ましいところですよね。

Two Notes Torpedo。 

161120 - 1 (1)

わりとよく頂くご相談に、既にギターシステムをお持ちで、自宅でどうしても大音量で鳴らせないので、Axe-FxやKemperでシステムのサウンドを再現してほしい、というものがあります。

目の前に本物のアンプがあるのにそれを使わないなんて、もったいない!と僕は思っていて、そういった方には一度Two Notes製品をお試し頂くようにお答えしています。Two Notes製品のキャビネット, マイキングシミュレートは本当によくできているので、そういったご相談にはこれでほとんど解決できたりします。

もちろん、マイキングなんてしたことがない人も多いと思いますが、それはAxe-Fxをはじめとしたデジタルプリアンプ, エフェクトプロセッサを使用する場合にも直面する問題です。

Fractal Audio Systemsはプリアンプのモデリングクオリティには自信を持っているようですし、僕自身も大変好きなのですが、目の前に実物のアンプがある場合には、それを使った方が違和感は少ないはずです。

PC側で、IR(インパルスレスポンス)を利用したキャビネットやマイキングの再現はもちろんできるのですが、Two Notes製品の素晴らしいのはそれがハードウェアで実現しているという点です。PCでシミュレーションを行う場合、オーディオインターフェースにアンプの信号をなんらかの方法でレベルを下げて入力してあげる必要がありますが、Two Notesの場合にはロードボックスとしての機能も果たしますので、アンプを直接接続できるのが使いやすい点です。ヘッドフォンアウトも付いていますので、DAWに馴染みのない方でも簡単に使えます。

ヘッドを持っているけど、なかなか自宅では鳴らせないというギタリストも多い日本では、かなり使える機材だと思っています。Two Notes。

さらに一歩進めてTwo Notes製品を前提にすると、アンプのエフェクトループを使用する必要がなくなりますので、ライブギアとしてのギターシステム全体のデザインも変わってきます。

Axe-Fx IIのキャビネット, マイキングシミュレーションと並べて比べてみるのも面白いかもしれないですね。

Two Notes

スペインバル。 

161117 - 1 (1)

知人の紹介で、少し前にスペインバルのとあるお店に伺ってきました。
やっぱりマッシュルームはマストですよね。

ハウスワインが飲み慣れたボルサオだったのもナイス。

書いていて。 

161116 - 1

blogと違って、雑誌で書かせて頂く記事はある程度読んで頂いた方に有益になるようにと思いながら書いています。
なんていうとblogでは役に立たないことしか書かないのかと言われてしまいそうですが、結論のない断片的なことを書かせて頂くことにも多少の意味はあるのかなと考えています。

画像は、昔のものを探してみました。
Fractal Audio Systems FX8です。

最近は特にAX8のユーザーも増えてきて、FX8もMark IIにマイナーアップデートされました。とはいっても、ほとんどFX8は発売当初に完成形になっていて、若干ユーザーインターフェースの部分が修正されたのみかなという感じです。Axe-Fxをアンプと4cableMethodで組み合わせて使うユーザーもいる中、アンプと組み合わせて使うエフェクトシステムとして特化したFX8はそうしたユーザーにとって文句のない構成といえると思います。

個人的には、Axe-Fxで得られたユーザーからのフィードバックを元に開発された製品として最も完成度の高い製品だと思っています。アンプモデリングを前面に押し出したAxe-Fxのエフェクトの完成度を評価しながら、アンプはやはりリアルのアンプを使いたいという層に応えた製品なのですから。

アナログエフェクトとデジタルエフェクトが音という観点ではほとんど肉薄している現在、重要なのはアナログとデジタルの境界の部分ですが、FX8はプリエフェクトとポストエフェクトをそれぞれ機械的なスイッチングで切り離せるようにデザインすることで、アンプのナチュラルな使用感を残したまま、いつでもエフェクトを使用することができるというデザインがなされている点が大変素晴らしいです。アンプを持っていることを前提にしていることが日本ではニッチな存在にしてしまっているんでしょうか。

AX8のリリースは、LINE6 Helixも影響してのことなんじゃないかなと思うところですが、その陰に隠れてしまった感のあるFX8については改めて使ってみてほしいと思うところです。

FASの描くビジョンの先を見てみたいという思いで見守っています。

Fractal Audio Systems AX8

カスタム品。 

ギターシステムを構築する際には、システム内の構成要素である各機材の相性などを調整しながら、問題が生じないように配慮します。

エフェクターは、何か規格があってそれに従って製作されているわけではないため、普通に繋いだだけではノイズなどの問題が生じる可能性がありますので、システム製作を行う場合にはできるだけ見たことのない機材を持ち込んで欲しくないのだろうというのも理解できるところです。設計に問題がある機材も多いので、無用なトラブルを回避する意味では、勝手の分かる機材を使って欲しいという意図ですね。

とはいえ、ギタリストの好みは多様なので、矛盾と向き合いながら、結論として帳尻を合わせるというのがギターシステムを構築する際に大事なことなんだろうと思いますが、辻褄を合わせるために苦慮したギターシステムの一部を構成していたカスタム機器を分析するというのも、製作者の思いのようなものが見えてくるようで大変興味深い作業です。

特に、矛盾を回避するために製作されたカスタム機器は興味深いです。

Octave Fuzz。 

161110_1.jpg

Foxrox Octron2をチェック。

Octron2は、オクターブ下のサウンドを加えるダウンオクターバーと、アップオクターブファズを組み合わせたエフェクターです。やっぱりチェックする上では、ベーシックなアップオクターブファズを並べないといけないですよね、ということでFulltone Octafuzzを並べてみました。

Octron2は、モダンで綺麗にオクターブサウンドを加えることができるペダルといった感じで、いわゆるジミヘンサウンドを狙って使う感じのペダルではありません。アップオクターブに関してはファズっぽい歪みが得られるように設計されていますが、いわゆるジミヘン的なサウンドとはまた違ったクリアなアップオクターブファズといった感じで面白いです。

モダンなサウンドを狙うにはかなり面白いんじゃないかなと思います。

Blenheim GInger Ale。 

1611010_2.jpg

Blenheimのジンジャーエールです。
とんでもなく辛い!

ビールで言えばGreen Flash IPAなんかもそうですが、アメリカのメーカーがやる、これでもか、というものは本当にすごいですね。開封してしばらくすると、また味わいが変わるのも面白いです。

Blenheim Ginger Ale

Foxrox Electronics Aqua Vibe。 

161107 - 1

がちゃがちゃ遊びながら撮影。

今更かって感じもありますが、FoxroxのAqua Vibeがとても良いです。伝統的なVibeと異なり、Centerノブでフェイスシフトの調整が可能なので、コーラス的な領域からいわゆる水中サウンドまでカバーできるのがポイントでしょうか。Arion SCH-ZとかをVibeっぽく使っている方にも結構いいと思います。コーラスのサウンドから原音を除いてVibeモードにするようなコーラスペダルの改造も多いですから、その逆にコーラスっぽいサウンドも作れるVibeと考えるといいでしょうか。

あまり難しく考えることなく、ちょっと変わった揺れもの程度の認識で使ってあげると面白いと思います。

Foxrox Electronics



いうなれば。 

161106 - 1

ビッグラック。

もう、1年くらい前の画像です。

色々進行しています。
詳しくはまた書けたらいいなと思っています。

過去の。 

161105 - 1

今思えば、ラック構築について色々考えていた時に手持ちの機材で何か面白いことできないかなあという感じで組んでいたラックですが、ミニマムな構成としては悪くなかったかなと思うラックです。結局、これだと中途半端になってしまうので、じゃあどうしようか、ということを考える役には立ったかなと思うところです。

Tri Chorusの音を楽しむにはいいラックでした(笑)

ちなみにThe EFFECTOR BOOK Vol.33の揺れもの特集で掲載されているのは、僕の私物のTri Chorusだったりします。状態もあまり良くないのですが、使うものとしてパーツなど交換しながら使っていきたいお気に入りの機材です。

Axe-Fx IIなどをはじめとしたデジタル機材で音を作る際にも、こういったレガシーな機材と並べて音を出しながらやっていくと大変面白いです。あと何より、エンジニアの方のご意見が大変参考になります。エンジニアの方々はアナログのアウトボードの効果について大変高い知見をお持ちですし。いつも大変勉強になります。

書く。 

161101 - 1 (1)

あんみつ。銀座に足を運ぶと、たまーに食べたくなる味です。
普段はお土産などにお持ちすることの多いお店ですが、久しぶりに店内で頂きました。

血糖値を上げて、少しでも楽しんで頂ける記事を書いていく思いです。