構築中なシステム。 

171001.jpg

一部のみですが、こんなギターシステムを自分で構築しています。

完全に趣味全開のシステムですが、これがなかなかリファレンスとしても有用だったりしそうです。
このblogを読んで下さっているマニアックな皆さんの嗜好にも合う部分があれば嬉しいです。

プラグインで何でも実現可能なご時世にあって下火になりつつあるアウトボードと歩みを共にして、今となっては絶滅危惧種となりつつある大型ラック。今では、アンプもエフェクターもいくらでもシミュレートできる時代ですが、本物に触れるというのはやはり大事だと考えています。

希少なアンプやエフェクターの片鱗に気軽に触れることができるのもデジタルの魅力の一つではありますが、いくらリアルにシミュレートしても空気やマイク、スピーカーといった様々なフィルターを通して伝わる分の差異は否定しようがないものですよね。もちろん、その全てを揃えるのは現実的ではありませんので、取捨選択して、本当に好きなものだけを詰め込んでみた、みたいなシステムになる予定です。

古臭い機材ばかりになるはずなので、最新の機材を並べてみてどうなんだ?と試してみる、そういうシステムを目指します。

色々テストしながらゆっくり構築中なので、途中経過も書いていけたらと思います。

171001_3.jpg

これはちょっとしたオマケですが、某スタジオのアウトボードエフェクターです。

ギターシステムで見られた機材が沢山インストールされていますよね。かつてはギターに限らず様々な音源に使用されていたものですが、今ではプラグインに取って代わられ、ほとんど使われないそうです。今なぜそれらを使ってギターシステムを改めて組むのかと自問すれば、シミュレートしようと技術が追いかけたサウンドをリアルに実現したいという思いでしょうか。