Bogner pedals Oxford。 



Bognerの公式チャンネルでFuzzペダルであるOxfordのプロモ動画がアップされています。
先日、Lyndhurstを試した際に僕も触らせて頂いたのですが、カメラトラブルで画像が残っておらずアップしていませんでした;;

動画を見て頂いても分かる通り、色々なプレイヤーにとって使い所のあるペダルになっています。Fuzzは、掘り下げればキリのないカテゴリーにあるペダルだと思いますが、マニアックになりすぎない立ち位置と、Neveのトランスによる独自のサウンドキャラクターで、他にはない魅力のあるペダルになっているのではないでしょうか。

個人的には、とにかくリリースされるペダルのほとんどが歪みであるBogner Pedalsが作るFuzzはこうなったのか、というある種の感慨を覚えました。Fuzzを評価するときによくいわれる、ボリュームを絞った時のクリーンの質感もトランスとあいまってとてもナイス。クリーンに厚みを足すフィルター的な役割でも気軽に使えると思います。

個人的には、Fuzzに対する熱意は、本当のマニアの方には立ち向かえないものがあると自認しているのですが、それでもこのFuzzについて評価するのであれば、バランスのとれたFuzzといえると思います。シリコンファズなので、温度にも左右されず、GainやLevelの設定もユーザーの使いやすい、どのポジションでもいい音を出してくれます。

本当にFuzzが好きな方にはちょっと物足りないかも、と思いつつも、使いやすい。Fuzzを使うことを意識した構成にする必要なく使える感じです。そんな風に思えるのも、様々なFuzzに触らせて頂ける機会にこれまで恵まれて来たからなのかなとふと思い、あらためて感謝です。

Bogner Pedals Oxford

弦。 



「ソードオラトリア」とは関係ないプロジェクトですが、たとえばこんなことをしています。

以前、レコーディングについて敬愛する先生にお伺いした際にも、やはり生で録るのが大事であるとご教示頂きましたが、弦については特に、やはりデモ段階でのソフトウェアシンセの音と比べるとこうも違うものか、と改めて思います。弦のソフトウェアシンセの進化は眼を見張るものがありますが、揺れとか空気感とか同調性が違うんだろうなあとぼんやり思います。

Bogner Pedals Lyndhurst。 

170409_1.jpg

Bogner Pedalsから待望のコンプレッサーLyndhurstです。
Harlowはコンプレッションを加えつつもブースター的なペダルでしたが、このLyndhurstはBogner Pedals初の完全なコンプレッサーです。

コントロールとしては、INP/COMPでインプットレベルを変更してLyndhurstのコンプレッサーへの入力レベルを調整します。最終的な出力レベルは左側のLevelノブで行いますので、INP/COMPノブはRatioノブと組み合わせて好みのコンプレッションを得るのに用いる感じです。

Ratioは、ラックコンプだと当たり前にあるコントローラーですので馴染みのある方も多いと思います。どのくらい潰すか、という感じのノブですね。自動でADSRを設定してくれるAutoミニスイッチがあるのも便利ですね。

画像だとちょっと見にくいですが、3ポジションのEQノブがあるのも実戦的な作りです。クリーンでキラッとさせるのにももちろん、ソロを取るときに丸くさせたい、なんていうときにもLyndhurst一台で対応可能です。

中は開けてみなかったのですが、VCAコンプらしく、サウンドはクリア。INP/COMPノブとRatioノブの組み合わせで得られるサウンドの幅が広く、EQも組み合わせると、ギタリストにとっては大体どんな使い方にも対応できるのではないか?と思うほどです。

Bogner Pedalsに共通することですが、Neveのトランスを搭載していることで他のペダルではなかなか感じることのできないシルキーな質感が唯一無二の魅力だと思います。通したときに安っぽくならないというのはコンプにとって一番大事なことだと思います。

オーバードライブやブースターとしては、Nobels ODR1のほかに、Suhr Shiba Drive Reloadedを最近好んで使用しているのですが、このBogner Pedalsは欲しい。と思います。ドライブ系は、Ecstasy Red/Blueと重なる部分もあり、アンプ的な音作りを担うことのできるそちらに目を向ける方が多かったのではないかと思いますが、このLyndhurstはBogner Pedalsのこれまでの流れとはまた違ったペダルに仕上がっていると思います。

一度試す価値のあるペダルだと思います。



API500。 

170330_3.jpg

そういえば過去の記事を消したんでした。
meris Mercury7の記事に書いていた、API500シリーズのプリアンプ440はこれです。Pete Thornさんの動画にもたびたび映っていますのでご存知の方も多いと思います。

API500は、文字通りミキシングコンソールで知られる名門APIが作った、小型のモジュールを挿す規格です。その後、VPRアライアンスなどと名前を変えて、Neveなど他社もこの規格のモジュールに参入しています。

170330_4.jpg

ギタリストに分かりやすく説明すれば、超小型のラックシステムのようなものです。
画像はAPI Lunchboxです。6つのモジュールを挿入できるフレームです。定番ですよね。

エフェクターに相当する各モジュールには、ファミコンのカセットのような端子が付いており、ラックケースに相当するフレームには端子の受け口があるので、そこにモジュールを差し込むことによって小難しい配線を必要とせずシステム化することができます。

フレームについて重要なのは、このModel 6Bと書かれた部分で、ここには電源ユニットが内蔵されています。ラックシステムの構築においても、電源をどうするか?というのはとても重要だったように、API500のフレームを選ぶ際にもこの電源部分が選択のポイントだと思います。

あとは、フレームによってはUSBケーブルでPCと接続できるようにデザインされているものなどもあります。どちらかというと、小規模なホームスタジオなどに向けて作られた規格なのですが、最近ではEVENTIDEがAPI500シリーズ向けにディレイをリリースしていたりします。

API500は、ギタリストがそのままライブなどで使うには少し不向きなところもありますが、自宅でのレコーディングなどでは威力を発揮すると思います。ベーシストの方ではライブにAPI500のセットをお持ちになる方もいらっしゃるみたいですね。

実際、アコギの録りに使ったことがありますが、ミックスの時もマイクプリの中では低価格帯といえる製品ながら、何も問題ありませんでした。

440 Mic Preampの隣に挿入されているのは、今回Mercury7と共にペダル化される、ビットクラッシャーOttobitです。変態系なサウンドですが、僕は大変好きなエフェクターです。

Meris 440 Mic Preamp



Meris Mercury7 Reverb。 

170325_1.jpg

meris Mercury7のデモ機を試す機会に恵まれて参りました。

merisはstrymonの創業者やLINE6のトップDSPデザイナーが立ち上げたブランドで、少し前まではAPI500シリーズでマイクプリなどを製作していました。blogでも、API500のマイクプリ440について書いたことがありましたので、覚えている方もいらっしゃると思います。そして、満を持してリリースされたペダルタイプのリヴァーブがこのMercury7です。

既にリリースされているAPI500規格のMercury7をペダルに落とし込んだデザインです。デジタルエフェクターながら、搭載されているアルゴリズムはプレートリヴァーブであるUltraplateと、より深いCathedoraのみとシンプルで、基本的な操作は本体のノブで簡単に行うことができます。

リヴァーブといえば、ハイカットやローカットが重要な要素ですが、本機ではHi, Lo Frequencyノブで高域と低域の周波数特性をコントロールすることができるので、難しく考えずに感覚的にサウンドを探ることができるのがとてもナイスだと思います。

特徴的なのはPITCH VECTORノブで、ReverbとPitchエフェクトを組み合わせたサウンドを得ることが可能です。PitchとReverbというと、多くの方がShimmer的なサウンドを思い浮かべると思います。Shimmerは、昔から高級機といわれるようなエフェクターには搭載されている、やたら豪華なReverbで、使いどころがよく分からない、といった声もよく聞かれるところです。

Mercury7のPitchは、ピッチシフトの加減もオクターブダウンや5度など選択可能なほか、ピッチエフェクトのミックス量がReverb自体とは別に設定できますので、欲しいサウンドの雰囲気に合わせた幅広い倍音を形作ることが可能です。それにより、いわゆるShimmerにありがちな「やりすぎ感」を押さえた音作りが簡単にできるようになっています。例えば、ペダルのChorusなどと合わせても奥行きのあるサウンドが得られたりします。

Mercury7といえば、ご存知のようにアメリカの有人宇宙飛行「マーキュリー計画」でNASAにより選ばれた7人の宇宙飛行士を指す通り、もちろん「やりすぎ感」を強調した宇宙的な響きを得ることももちろん可能です。

そういった複雑な設定を可能にしているのが本体の左側のフットスイッチ上部に配置されたALTミニスイッチで、これを押しながらノブを操作すると、それぞれのノブに割り当てられた「もう1つのパラメータ」を操作できるようになっています。この辺りもStrymonのペダルの操作感と似ているかもしれません。

珍しい仕様なのは、エクスプレッションペダルを接続するTRS端子がMIDI端子としても利用可能であり、4つのプリセットを外部から切り替えることができます。MIDI機能付きのスイッチャーと組み合わせても面白いと思います。

デジタルエフェクターも、古いサウンドを再現しました、といったものばかりで面白みが少ない中、新しいサウンドに挑戦している本機のようなエフェクターの登場は、とても嬉しいところです。

Mercury7の国内のリリースはもう少し先になると思いますが、今後も要チェックなメーカーです。

meris mercury7 reverb pedal

Musette Japan