Two Notes Torpedo。 

161120 - 1 (1)

わりとよく頂くご相談に、既にギターシステムをお持ちで、自宅でどうしても大音量で鳴らせないので、Axe-FxやKemperでシステムのサウンドを再現してほしい、というものがあります。

目の前に本物のアンプがあるのにそれを使わないなんて、もったいない!と僕は思っていて、そういった方には一度Two Notes製品をお試し頂くようにお答えしています。Two Notes製品のキャビネット, マイキングシミュレートは本当によくできているので、そういったご相談にはこれでほとんど解決できたりします。

もちろん、マイキングなんてしたことがない人も多いと思いますが、それはAxe-Fxをはじめとしたデジタルプリアンプ, エフェクトプロセッサを使用する場合にも直面する問題です。

Fractal Audio Systemsはプリアンプのモデリングクオリティには自信を持っているようですし、僕自身も大変好きなのですが、目の前に実物のアンプがある場合には、それを使った方が違和感は少ないはずです。

PC側で、IR(インパルスレスポンス)を利用したキャビネットやマイキングの再現はもちろんできるのですが、Two Notes製品の素晴らしいのはそれがハードウェアで実現しているという点です。PCでシミュレーションを行う場合、オーディオインターフェースにアンプの信号をなんらかの方法でレベルを下げて入力してあげる必要がありますが、Two Notesの場合にはロードボックスとしての機能も果たしますので、アンプを直接接続できるのが使いやすい点です。ヘッドフォンアウトも付いていますので、DAWに馴染みのない方でも簡単に使えます。

ヘッドを持っているけど、なかなか自宅では鳴らせないというギタリストも多い日本では、かなり使える機材だと思っています。Two Notes。

さらに一歩進めてTwo Notes製品を前提にすると、アンプのエフェクトループを使用する必要がなくなりますので、ライブギアとしてのギターシステム全体のデザインも変わってきます。

Axe-Fx IIのキャビネット, マイキングシミュレーションと並べて比べてみるのも面白いかもしれないですね。

Two Notes

コメント

Studio と Live のちがい

以前、何度かコメントさせて頂いているmotoです。

最近は、色々テクノロジーの進化により、素晴らしい製品が出ていますね。

Torpedo ですが、studio とlive の2種類出ていますが、どちらがお勧めですか?

使い方にもよるのでしょうが、studio は、ロードボックスのタイプが、2種類から選べるので、音質が気になります。

コメントありがとうございます!

お久しぶりです!

Torpedoについては、僕は2Uのモデル(Studio, VB101)が良いかと思います。
Studioの前身であるVB101の頃から、LiveよりもVB101の方が良いと言われていて、これには想像の域を出ませんが、ADCやプロセッサの部分のクオリティが影響していると考えています。

StudioでResistiveとReactiveを選べる点については、Resistive Loadを使用した際でもリアルのスピーカーの有する有機的な反応を再現するために開発されたのがLoad compensationという技術であって、リアルのスピーカーの動作をアナログで再現したReactive Loadとの違いは、好みである、というほかないと思います。様々なエディット方法がありますが、音色の選択肢が広がっているのはとてもいいことだと思います。

それよりも注目すべきは、2Uモデルでは2種類のキャビネット, マイクを混ぜられるというのがLiveとの大きな違いです。ご存知の通り、音を作る上で複数のマイクを使用できるのはとても有用なので、その点を重視されるかどうかが選択のポイントだと思います。

ご返信ありがとうございます!

ご返信頂きありがとうございました。
Studioでは、2種類のマイクが混ぜる事ができると言うのは、かなり良いですね。
通常のマイキングの様に、オンマイクとオフマイクで音の厚みを出すこともできそうですね。
非常に参考になりました。
ところで、youさんは、以前の記事からkemperよりは、axeを使用したシステムを手掛けている事が多い様な気がします。

kemperは、実際扱う事はありますか?プロファイリングも、マイキングをきちんとするとかなり良い結果が得られる様です。
当方も所有しているんですが、なかなかスタジオに機材持ち込んで、大きい音できちっとプロファイリングができていないため、ちゃんと自分のアンプをしっかりプロファイリングしたいなぁと思っているんですが、時間やらなんやらの関係で、なかなか行動に移せずにおります。

コメントありがとうございます!

実際、FAS Axe-Fxシリーズの方が触る機会が僕の場合多いですが、Kemperに触れる機会もあります。

おっしゃる通り、きちんとした環境でプロファイリングすることが重要です。Kemperのプロファイリングをしたことのあるレコーディングエンジニアの方にお話を伺っても、やはりそこがあるからこそ、いい音だと納得できるとのことでした。

Kemperは、トランポの関係などでアンプを持っていけない場合に効力を発揮するアイテムだと個人的には思っています。もしくは、自宅でギターを録るときに、気に入っているレコーディングスタジオでプロファイリングしたサウンドを使用したい、という要望にも応えられると思います。

記事でも触れていますが、そういったご要望を頂いた際にTwo Notes製品をお試し頂くと、詰めるのが大変なプロファイリングを行わずに済んで、かつ自分のギターシステムを違和感なく使える点を気に入って頂けることが多いです。

アナログとデジタルの比重をどこに寄せるのか?というのがポイントだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guitaryou.blog33.fc2.com/tb.php/4211-82af7c6d